バリ島カメラマン 宮田早希恵

 

Profile  宮田 早希恵 Miyata Sakie


1983年12月19日生まれ・静岡出身・O型

生まれ育った静岡が大好き。20歳の時に地元の美人コンテストで入賞し、「しずおかクイーン」として様々なPRイベントや広報活動に参加しました。

大学卒業後は住宅メーカーに就職し、人も気候も穏やかな静岡にさらに愛着が湧きました。静岡で一生過ごす気持ちで生活をしていましたが、結婚を機に地元を離れる決心をして東京へ。
東京では不動産に関する仕事を中心に9年ほど会社員として勤務しました。

以前はケイタイでもめったに写真を撮らなかった私が一眼レフカメラに興味を持ったのは、趣味で日常的に撮影をしていた淳介カメラマンに影響されてのことでした。
負けず嫌いな性格から、自分で誰よりもいい写真を撮りたい、と思うようになり、どこに出かけるのにも一眼レフカメラを持参するようになりました。

撮影への情熱が高まると、撮ってみたい現場、使ってみたい機材も増えていきます。
その両方を満たすため、会社勤めのかたわら式場撮影の仕事を始めたことが、プロカメラマンとしてのスタートでした。

東京では、一眼動画を取り扱う撮影会社に所属することにしました。
一眼レフカメラで撮影した写真のクオリティをそのままに美しい動画を記録する、ビデオカメラマンの技術を習得するためです。

プロのカメラマンとして活動をするようになってからは、こんな幸せな職場はないと自覚し、どんどんのめり込んでいきました。
東京の式場を中心に、ビデオ撮影をさせて頂いたお客様は200組以上になります。

初めてバリ島の挙式会場でビデオ撮影を経験したのは2016年のこと。
その後移住を決意し、2018年から本格的にバリ島での活動を開始しました。

故郷の静岡と同じように、ここでずっと暮らしていきたいと思えるほど、バリは魅力のある島です。

バリ島の神々しい光や力強い雄大な自然を背景に、どんな角度や高さからカメラを構えたら、人は美しく写るのか…
花嫁様に共感できる女性ならではの視線で、1秒1秒が感動的なビデオ映像となるよう努力を続けています。

お二人の人生にそっと寄り添っていけるようなカメラマンでありたいと思っています。

 

カメラマンの個人ブログ >>バリ島カメラマンsakieのきろく


その他のカメラマンを見る 熊澤充 宮田淳介

PAGE TOP