ウェディングフォト


せっかくバリ島での前撮りだから、バリ島らしさ全開のウェディングフォトにしたい。

そんなあなたにいちばんオススメの撮影スポットは、古代遺跡風の巨大モニュメントです。

一見観光スポットのように見えますが、写真撮影のために歴史的建造物を模して造られたたレプリカです。

バリ島観光で人気の本物の寺院は、多くの場合ウェディングドレス等で入場することはできません。

でもこのモニュメントでなら、360度バリらしいシチュエーションでフォトウェディングを思いっきり楽しむことができますよ。

 

遺跡風モニュメントのおすすめポイント

以下のようなメリットがあります。
エキゾチックで渋いウェディング写真が撮れる
シーズンや天候に影響を受けにくい
長いトレーンのドレスが映える

モニュメントの迫力は圧巻です。日本にはない、渋くてエキゾチックなシチュエーションでのウェディングフォトをぜひ残しませんか。

大人婚のお客様に「キャピキャピしたビーチフォトよりも私達らしいかも」と選ばれることも多いです。

ふつうは南国でのロケーション撮影というと、当日青空かどうかが撮影成功のカギを大部分握っています。でもこの撮影スポットのメインは、なんといってもどっしりした石造りの建物。なので仮に撮影日のお天気が快晴でなくたって、充分かっこいい画面が完成します。

雨季のバリ島旅行でも、モニュメントでの撮影はお天気をほとんど気にしなくて大丈夫です。

もうひとつ、あなたのドレスはトレーンが大きく広がるゴージャスなタイプでしょうか?もしそうなら、モニュメントの大階段での撮影がぜひおすすめです。

私は職業柄、バリ島のいろいろなホテルや撮影スポットへ出かけますが、ボリュームあるトレーンを「最大まで広げる」ことの出来る階段ってなかなかないんですよね。

ビーチで平面に広げることは出来ますが、やっぱりトレーンのデザインがはっきり分かり、花嫁さまの脚が長く見えるのは階段ショットです。

階段も塔も、とにかくスケールの大きいモニュメントは、ゴージャスなドレスを選んだあなたにぴったりの撮影スポットです。

敷地内には、何種類か花の咲く植物が植わっていて、素敵なアクセントになってくれます。

特に存在感があるのは、巨大なブーゲンビリアの木。 8月前後をピークとして、乾季のあいだは滝のように溢れるお花が圧倒的ですよ。

遺跡風モニュメントの対策ポイント

モニュメント撮影では、以下のポイントに気を付けて準備なさってくださいね。
日焼け対策
ある程度動きやすい衣装

撮影中は基本的に日向に出ていただきます。女性も男性も、日焼け止めクリーム等をしっかり塗ってくださいね。

また、モニュメントの階段は思いのほか急です。締め付けのきつすぎるブライダル下着やピンヒールは階段を昇り降りするのが大変になってしまうので、ある程度動きやすい衣装を工夫をなさるのがお勧めです。

時間帯は午前中から夕方まで、基本的にいつでも問題なく撮影を行えます。

弊社への撮影リクエストでは、「カーチャーター付きフリー撮影プラン8時間」で、午後のビーチとモニュメント、サンセット、星空までバリ島ならではのシチュエーションを満喫なさるお客様が多いですよ。

バリ島カーチャーター付きフリー撮影プラン

モニュメントの撮影許可料はこちら

ご予約の流れ


遺跡風モニュメント撮影の関連記事

バリ島で実際にモニュメントでの撮影を体験なさったお客様の様子をご紹介します。どうぞ参考に見てみてくださいね。

バリ島ヌサドゥア周辺にてウェディングロケーション撮影オリジナルツアー[お客様レポート 2019#01]

【お客様レポート】バリ島でカーチャーター付きウェディング撮影

【口コミ】バリ島の遺跡スポットでウェディング前撮り

【口コミ】挙式メイクを有効活用♪バリ島ロケーションウェディング撮影

【口コミ】バリ島挙式後のロケーション撮影ツアー


PAGE TOP