ウェディング関連おすすめ情報


ビーチ前撮りで使えるお手頃な新郎衣装を探している人へ。

一般に、新郎衣装の費用の相場は10万円前後と言われています。しかし結婚式や披露宴ならまだしも、ふたりきりのフォトウェディングで写真を撮るだけなら、予算はできるだけ抑えたいですよね。

ネットでウェディング用のタキシードやスーツを検索すると、相場をはるかに下回る格安スーツセットがたくさんヒットします。最安のものでは、ジャケット・ベスト・スラックスの3点セットで数千円というものも。

安さは魅力ですが、「いくらなんでも安すぎでは?」と心配にもなるでしょう。値段につられてただ安いだけのものを買うと、失敗する可能性は高まります。

ですが選び方と着用時の注意点を知っておけば、格安スーツも十分に見栄えのする撮影用衣装として使えます。それどころか、むしろ値段の安い衣装のほうが写真撮影には向いている面もあるんですよ。

この記事ではより多くの方に気軽にフォトウェディングを楽しんでもらうため、格安スーツでビーチ前撮りを成功させるためのポイントをご紹介します。

この記事の内容
ビーチ前撮りの男性衣装に安いスーツをおすすめする理由
格安スーツはどこで買う?購入の注意点
ビーチ前撮りでの簡単アレンジ方法
【1万円以内】ネットで買える新郎用スーツ/タキシード

この記事を書いている私は、ウェディング撮影のアシスタント歴約5年。リゾートフォトウェディングが人気のバリ島にて、300組以上の新郎新婦さまの撮影ツアーに同行しています。

高価なタキシードやドレスを着ていたら、素敵な写真が撮れるのか?いいえ、衣装のクオリティとウェディングフォトの仕上がりは別問題です。実際、余計な費用をかけずに用意したプチプラ衣装で素敵なウェディングフォトを撮っているお客様の姿をたくさん目にしてきました。

格安スーツをビーチ前撮りでフル活用する方法を、現場視点でお伝えします。

ビーチ前撮りの男性衣装に安いスーツをおすすめする理由

格安スーツのメリット
・費用はもちろん、コーデの手間も省ける
・スーツならではの着映え効果
・涼しく丈夫で、ロケ撮向き

費用はもちろん、コーデの手間も省ける

冒頭でもいいましたが、ウェディングで使う新郎衣装の相場は10万円前後と言われています。ですがこれは結婚式や披露宴を想定した場合。

たしかに結婚式や披露宴では直接ゲストの前に出るのですから、それなりの衣装を用意したほうが安心でしょう。

しかしカップルだけの前撮りの場合、周囲の目よりも、おふたりがどうしたいかを優先して良いと私は思います。

いちばん大切なことは、素敵な写真がとれるかどうか。

たとえ衣装代に1万円しかかけなくても、写真が素敵なら大成功です。

むやみにお金をかけなくても、写真でみればきちんとした雰囲気に見える。そんな衣装をフォトウェディングで使えばとても合理的ですね。

また、格安スーツで省けるものはお金だけではありません。既成のスーツセットを一着そのまま使うことで、ウェディング衣装に悩む手間が省けます。

「前撮りに適した衣装なんて分からないし、正直選ぶのが面倒くさい」
そういう人こそ、スーツセットはおすすめですよ。

スーツならではの着映え効果

もちろん、安いものには安いなりの理由があります。

格安スーツの品質
・安価なポリエステル生地
・細部の作りが甘い
・高級品に比べ着心地が劣る

しかし上記のようなデメリットは、ウェディングフォトの仕上がりにほとんど影響しません。

前撮り写真で衣装の生地を接写することはありませんし、付属品や裏地など細かい部分、それに着心地は写真に撮っても分からないからです。

スーツセットには、こういったデメリットを補ってなお余るメリットがもうひとつあります。

紳士服のシルエットはスタイルアップ効果が抜群だということです。

写真を残すなら出来るだけ恰好よく、スタイルよく写りたいですよね。

男性用スーツは16世紀頃のイギリスにルーツを発し、19世紀頃に貴族の服装として発展、定着してきたといわれています。

紳士の装いとして改良されてきた歴史のなかで、スーツのシルエットは誰が着てもあるていど肩幅が広く、足が長く見えるよう定型化されました。

パッと見たとき全体的なバランスが良くなる、これは大変写真向きなんですね。

写真の中でデメリットはあまり目立たず、メリットがだけ大いに利用できる。

そういう意味でも、格安スーツはとってもお得です。

涼しく丈夫で、ロケ撮向き

通常、上質とされる紳士服の定番素材はウールやシルクです。

1万円台の格安スーツに、まずこんな生地は使われません。十中八九、素材表示には「ポリエステル」となっているはずです。「ビスコース」とある場合も化繊の一種です。

コストカットのため安価な化繊を使っているわけですが、これがかえって屋外でのウェディング撮影には好都合。

ロケ撮でのお役立ちポイント
・薄い、軽い
・汗をかいても乾きやすい
・シワになりにくい

「ロケーション撮影はスポーツだ」と弊社の熊澤カメラマンはよく言います。

たとえばバリ島でのフォトウェディングは昼間のビーチ前撮りが人気ですが、もちろん室内スタジオと違って空調はありません。

お客様に無理をさせるわけではないけれど、それなりの活動量があり、汗もかくのも必然です。

そんなとき、カッチリとした紳士服のかたちをしつつ、生地がペラペラで涼しい格安スーツはかなり助かるアイテムなんです。

デリケートなウールやシルクに比べ、取り扱いに気を遣う必要も少なくなります。

「少しくらい汚れたり擦れたりしても大丈夫」と思える衣装のほうが、屋外での撮影を気楽に楽しめて、ユニークなお写真を撮れるチャンスも増えますよ。

バリ島でのビーチ前撮りなら、ほとんどの人はハネムーンの最中でしょう。旅行中の持ち運びやお洗濯のことを考えても、軽くてシワがつきにくく、扱いが簡単な点はうれしいポイントです。

格安スーツはどこで買う?購入の注意点


格安スーツの購入は大手ネットショッピングサイトが便利です。
【Amazon】【楽天市場】【Yahoo!ショッピング】といったネットモールでは、最安なら数千円台からスーツセットが購入できます。

この記事の下部では、ネットで買える格安スーツをピックアップしています。
商品紹介まで一気にスキップしたい方は以下のリンクからどうぞ。
【1万円以内】ネットで買える新郎用スーツ/タキシード

格安スーツで失敗しないために
・必ずサイズ表を確認する
・余裕をもって注文→サイズ調整
・着る前に細部をチェック

タキシードやスーツを着こなす上で、もっとも重要なのはサイズ感です。

どんな高級スーツでも、サイズが合っていなければまったく絵になりません。

逆にいえば、格安スーツもきちんとお身体にあったサイズを選ぶことで大変見栄えのするウェディング衣装になります。

購入する前には必ずサイズ表を確認してください。
「ふだんのサイズはLだからLでいい」というものでもないのです。

格安スーツを購入後、場合によってはサイズ交換したり、お直しに出す必要があるかもしれません。そのための日数も考慮して、撮影日までに余裕をもって購入してくださいね。

すっきり着映えする目安
・ジャケットの肩幅…ジャストサイズ
・ジャケットの袖丈…手首のくるぶしが袖口でぴったり隠れる程度
・ズボンの裾丈…ハーフクッションまたはノークッション
タキシードやスーツの選び方について、より詳しい記事はこちら>>
【おすすめ15選】前撮り用タキシードやスーツをサクッと決める購入ガイド

サイズのこと以外には、衣装の細かい部分をチェックしておくと良いでしょう。

格安スーツはお値段の都合上、どうしても細部の作りが甘くなってしまうことがあります。

気にしたいポイントは以下の通りです。

細部のチェック
・シワがあればとる
・飛び出た糸は切る
・ほどけそうな縫い目はないか
・とれそうなボタンはないか
・ファスナーは壊れてないか

無視できるていどの不具合ならいいですが、着用できないレベルの不良が撮影当日に見つかると致命的ですから、事前に確かめておくのが安心です。

ビーチ前撮りでの簡単アレンジ方法

ロケーション前撮りはフォーマルな場ではありませんから、挙式や披露宴ほどかしこまらなくても良いわけです。

せっかくなので、ビーチ前撮りならではのこなれた着こなしも楽しんでくださいね。

スーツセットも少し着崩すことで、リゾートらしいカジュアル衣装の印象を簡単にひきだせます。

前半ではしっかり着こみ、暑くなってきた後半には崩すというふうにすると、一着のスーツでバリエーションを出すことも出来ますよ。

ロケーション前撮りではカジュアルダウン
・ジャケットを脱ぐ
・腕まくりする
・タイを替える/外す
・ズボンの裾をまくる

さらにカジュアルに特化した記事はこちら>>ビーチ前撮りの新郎カジュアル衣装 簡単で安い選び方

前撮りに便利な写真映え小物

小物でリゾートらしさを出すのも粋です。
特にハットやサングラスは、挙式や披露宴の場ではまず使わないアイテム。
スーツやドレス姿にそれらを合わせると、フォーマルな中に程よくリゾート感がミックスされてお洒落なビーチウェディングフォトになりますよ。

ブートニア


ブートニアは新郎衣装の胸につけるお花で、新婦が持つブーケと対になる重要なウェディングアイテムです。

絶対にないと困るというわけではありませんが、ブートニアがあるとないとでは、新郎衣装の完成度が大違い。

そこそこのタキシードにブートニア無しよりも、格安スーツにブートニアありのほうが、ずっと見違えますよ。

そして男性の写りが良いと、ウェディングフォト全体の雰囲気が良くなるのです。

ハット


写真映えの面でも実用的な面でも、ハットはビーチ前撮りでたいへん役に立つアイテムです。

ウェディング撮影で女性は通常ブーケを持ちますが、男性に特定の持ち物はありません。

手ぶらでのポージングはなかなか難しく、カメラマンに指示されても思うように身体が動かせないこともあります。

ここでお手元にハットがあると、緊張せずに自然なポーズを決められる新郎さんが多いのです。前撮りで緊張しそうという人は、ぜひ騙されたと思ってハットを用意してみてください。

もちろん、帽子は頭に被っても役立ちます。

髪型が決まりにくい、あるいはヘアセットが面倒という人は、ハットをかぶるのがおすすめ。

スーツ姿に中折れのストローハットは、ビーチにぴったりの粋なウェディングコーデです。


サングラス


サングラスはリゾート前撮りですっかり定番の小物です。

持ち運び簡単なのに、ちょっとかけるだけで遊び心をプラスしたお写真がとれます。

カッチリした写真だけでなく楽しそうなハネムーンの雰囲気を残したい人におすすめ。

特に撮影用に準備する必要はなく、旅行中じっさいに使うもので十分ですよ。

【1万円以内】ネットで買える新郎用スーツ/タキシード

ここからは、誰でも着やすいベーシックなセレモニースーツを5着、やや攻めたデザインのカジュアルなスーツを5着ご紹介します。

ベーシックな新郎用セレモニースーツ/タキシード

公の場で紳士が着るべき「フォーマル」な色は、実はあまり多くありません。

黒、白、グレー、ネイビー。基本的にはこの4つだけです。結婚式など祝いの場では、ここにシルバーも加わります。

なので、正統派のイメージでウェディングの装いをしたい人、あまりカジュアルにしたくない人は、上記の色のどれかを選んでおくと間違いがありません。

ベーシックな色の新郎衣装は屋外ロケーションはもちろん、チャペルなどあらたまった場所での撮影にも馴染みがよく万能です。

1万円以内の新郎衣装/ホワイト


【Yahoo!ショッピング】より

白は基本的に誰が着てもお顔が明るくみえる効果があるので、年齢を問わずフォトウェディングの衣装として非常に優秀です。

わたしの経験上、意外にも40代~50代のオトナ世代の新郎様に、白を着てみるとバッチリはまる方が多い印象。

「黒っぽい色は老けて見える」「普段の仕事用スーツと変わらないようにみえる」

そんな人は白スーツにトライする価値ありですよ。

1万円以内の新郎衣装/ダークグレー


【Yahoo!ショッピング】より

新郎衣装として白と同じくらい定番なのは、黒色のタキシードです。

ですがこの記事ではあえて、黒の衣装はおすすめしてません。

なぜかというと、真っ黒な服は着た人のお肌の色とも、自然の背景ともコントラストが激しく、衣装として着こなすのが難しいから。

もちろん世の中には、圧倒的に黒が似合う男性もいます。「黒い服を着ているといつも褒められる」「なにを試着しても最終的にはいつも黒」そんな人は、ビーチ前撮りで黒を着てもなんとかなります。

そうではなく、ただ「無難だから」という理由で黒を選ぶと失敗の可能性が高いです。

黒っぽい色が好みなら、黒よりやわらかい印象になるダークグレーをおすすめします。

1万円以内の新郎衣装/ライトグレー


【楽天市場】より

白タキシードはちょっと照れるという方には、ライトグレーかシルバーがおすすめです。

気張った感じがなく、自然に品のある新郎コーデができますよ。

1万円以内の新郎衣装/シルバー


【楽天市場】より

シルバーにはお祝いごとらしい華やかさがありますね。

光沢があるため写真映えしやすく、ホワイトやライトグレーと同じくらい、フォトウェディングと相性のいいスーツです。

化繊でシルバーのものは、肉眼でみるとちょっとテカテカしすぎて心配になるかもしれません。

しかし、天然シルクのように控えめな光沢は、写真でみると光っていることがほぼ分からなくなるのです。

ロケーション撮影用としては、少しわざとらしいくらいの人工的な光沢のほうが写真映えします。

1万円以内の新郎衣装/ネイビー


【Yahoo!ショッピング】より

白、黒、グレーなど無彩色以外の色で、フォーマルとして通用するのはネイビーだけ。

海の色と同じくブルー系なので、ビーチ前撮りの新郎衣装として爽やかに使えます。

カジュアルな新郎用セレモニースーツ/タキシード

さきほど、紳士服でフォーマルとされる色は黒、白、グレー、ネイビー、シルバーのみとご紹介しました。

それ以外はすべて「カジュアル」の分類となります。

前撮りやフォトウェディングの良いところは、従来のルールに縛られず、自分たちらしく楽しめるところです。

個性的なスーツでお洒落に楽しむのも前撮りの醍醐味。素敵なスーツを見つけてくださいね。

1万円以内のカジュアル新郎スーツ①


【楽天市場】より

バリ島の前撮りで人気のロケーションは、第一にビーチ、その次は森など緑の風景です。

ブラウンやベージュといったアースカラーの新郎衣装は、そんな自然の風景の中によく馴染みます。

ナチュラルで落ち着いた雰囲気のブラウンは、大人のカジュアル衣装にぴったりですね。

1万円以内のカジュアル新郎スーツ②


【楽天市場】より

前撮り衣装でチェック柄のスーツ、人気です。

ウェディングらしいきちんと感は残しつつ、遊び心のある印象が素敵。

写真映えの観点からは、チェック模様のパターンがなるべく大きい方が、個性的なスーツだとよく分かります。

1万円以内のカジュアル新郎スーツ③


【楽天市場】より

爽やかなペールトーンの衣装はリゾート前撮りにぴったり。

ふんわりとしたキレイ色はお写真の中で着る人を魅力的にみせます。

ナチュラルな雰囲気のドレスの女性とペアで並べば、いっそう絵になりそうですね。

1万円以内のカジュアル新郎スーツ④


【楽天市場】より

インパクトのあるストライプ柄も、おしゃれ感があっておすすめです。

ストライプ柄の感覚が細すぎると、カメラのレンズを通したとき柄が目立たず、ただの無地のように写りがち。

柄物の衣装を選ぶときは、ある程度はっきりと大きなパターンのものが写真映えしますよ。

1万円以内のカジュアル新郎スーツ⑤


【楽天市場】より

光沢あるシャンパンカラーは華やかな印象を添えるとともに、写真のお顔うつりも良くなります。

同じく光沢カラーのシルバーよりもナチュラルな雰囲気で、自然の中でのロケーション前撮りに重宝しそう。

まとめ


ふたりだけのフォトウェディングに、衣装の「格」はあまり関係ありません。出来上がった写真が素敵かどうか、それがすべてです。

格安といわれる価格帯のスーツでも、ちょっとしたコツを押さえて選べば、素敵なビーチ前撮り衣装として使えます。

大事なことはお身体にあったサイズの商品を選び、必要があればサイズ直しもすること。

薄くて涼しく、汚れに神経質にならなくて良い格安スーツは、ビーチ前撮りの強力なお役立ちアイテムです。

ウェディングの費用がかさむ原因のひとつは、衣装代の高さです。

私の願いは、もっと手の出しやすいお値段の衣装で、気軽にウェディングフォト撮影を楽しむカップルが増えること。

ビーチ前撮り衣装を探すあなたに、この記事が少しでも役立つと幸いです。

関連記事

【おすすめ15選】前撮り用タキシードやスーツをサクッと決める購入ガイド

ビーチ前撮りの新郎カジュアル衣装 簡単で安い選び方

【一万円以内】おすすめ前撮りドレス15点+格安ウェディング衣装の注意点

前撮り用おすすめワンピース20選★手軽に写真映えするウェディング風衣装の選び方

ブライダルインナーの代わりに何使う?ビーチ前撮りする人のためのドレス下着特集

みんな何履いてる?ビーチ前撮りにおすすめのウェディングシューズ特集


PAGE TOP