ウェディング関連おすすめ情報

ウェディングフォトの値段をなるべく安くできたらいいですよね。

さいきんは「安いだけのフォトウェディング」なら簡単に見つかります。

安いフォトウェディングを探すひと
激安価格に惹かれてサイトを見てみたら、もらえる写真は1枚だけだった。
納品データ数を増やしたり、こだわりたいことを見積もりに入れたら、どんどん値段が上がってしまう…。
たくさんお金をかけないと思い通りのウェディング撮影ってできないものなの?

この記事で紹介するのは、そんな悩みを持つ人への解決法です。

まず答えを先に言います。

自分らしい素敵なウェディングフォトを安く撮る方法は、「セルフ前撮り+プロカメラマンの出張撮影」です。

つまり、衣装やヘアメイクなど自分達でできるものはすべてセルフで用意して、ウェディングフォトの撮影はプロカメラマンに任せるのです。
これが一番コスパの良く質のいいウェディングフォトを撮る方法です。

正確には、「セルフ準備+プロカメラマンの出張撮影」ですね。

この記事の内容
「セルフ準備+プロカメラマンの出張撮影」なら、お金をかけなくても満足度の高いウェディングフォト撮影ができる。その理由を説明します。

この記事を書いている私は、ウェディング撮影のアシスタント歴約5年。
リゾートフォトウェディングが人気のバリ島にて、300組以上の新郎新婦さまの撮影ツアーに同行しています。

私が見てきたカップルのうち半数以上は、ネット通販等でご自分で買ったウェディング衣装を持ち込み、セルフヘアメイクで撮影を楽しまれました。
お金をかけなくても自分らしく素敵なフォトウェディングを実現したお客様たちを見て、この方法をもっとたくさんの花嫁さんに知ってほしいと思ったんです。

この記事のなかで使うすべての画像は、セルフ準備でフォトウェディングをなさった実際のお客様の写真です。

それから、わたし自身が日本と海外でドレス撮影を経験しまくっている卒花です。
自分でヘアメイクし、自分でウェディングドレスを着付けして熊澤カメラマンの被写体になること20回以上。

つまり、プロのセルフ前撮り花嫁みたいになってしまいました。

そんな私が、安くても大満足できるウェディング撮影について解説します。

ウェディングフォトを安い値段で自分らしく楽しむ方法


「セルフ準備+プロカメラマンの出張撮影」で叶います。

先に言っておくと、これは誰にでもフィットする方法ではありません。

この方法が向いていない人
・とにかく手軽に一枚だけ撮れれば満足
・自分での準備は大変なので、写真スタジオ等で全部おまかせで撮りたい
・本当は結婚写真に興味ゼロだけど、家族がどうしてもというのでウェディングフォトを安く済ませる方法を探している

こういった人には、この記事はお役に立てません。

でも、あなたに下記のような気持ちがあれば、ぜひ読み進めてみてください。

セルフ準備のウェディングフォトに向いてる人
・お金をかけずに素敵な写真をたくさん撮りたい
・自分の好きなように準備できると思うとワクワクする
・自分達らしくオリジナルな撮影体験をしてみたい

「セルフ前撮りに興味はあるけど、自撮りテクニックに自信がないからダメかな…」なんてあきらめていた人にも参考になると思います。

通常のセルフ前撮りとは

最近はたくさんのカップルがセルフ前撮りを楽しんでいます。
セルフ前撮りは文字通り、自分達だけで勝手に撮っちゃうフォトウェディングです。

①ウェディング衣装や小物を自分達で用意する
②ヘアメイクや着付けを自分達でする
③公園等でセルフ撮影する

シャッターはセルフタイマーか、カメラに慣れている友達を呼んで撮ってもらう場合もあるみたい。

内輪で楽しむ手作りのウェディング撮影は、とても楽しい思い出になるでしょうね。

でもここでちょっとアレンジを加えて、撮影の部分だけプロカメラマンに依頼してみませんか?

最近はスマホからでも安く簡単に出張カメラマンを探すことができます。

プロカメラマンに出張撮影を依頼するメリット

・メリット①「プロの写真」はコスパ最高
・メリット② ロケーションの相談に乗ってもらえる
・メリット③ ポーズ指導してもらえる

順番に見ていきましょう。

メリット①「プロの写真」はコスパ最高


個人差はありますが、一般的にプロカメラマンの使う機材は一式100万円ほどが目安です。

まず単純に、自分でそれだけの機材を買わずに撮ってもらえるのですから、プロカメラマンを雇うことはお得です。

もちろん、高い機材を使えば自動的にいい写真が撮れるわけではありません。

プロカメラマンの依頼料には、機材を使いこなすための経験と知識、さらに撮影後のレタッチ(画像編集)技術も含まれています。

ウェディング関連の出費で、テクニックあるカメラマンへの投資ほどハイリターンなものはないと思いますよ。

だって「撮り方はめちゃくちゃだけどブランド物のドレスを着てたから素敵な写真になった」という話はきいたことがないけれど、
「1万円のドレスだけどプロのテクニックで素敵に撮れた」というのがカメラの世界です。

格安ドレスでも素人のヘアメイクでも、レンズを通せば見違えるように素敵に写る可能性があります。

ウェディングフォトの予算が限られているなら、そういう能力を持ったカメラマンを見つけるのが一番かしこいやり方です。

ではカメラマンの依頼料は実際どのくらいでしょうか。
たとえば出張撮影マッチングサービスの fotowa(フォトワ)では、平日の料金設定が60分間19,800円(税抜き)となっています。

それだけの出費でプロの能力が買えるってお得すぎじゃないですか?

メリット② ロケーションの相談に乗ってもらえる


素敵なウェディングフォトを撮るためには、そのエリアをよく知るカメラマンの知恵を借りると圧倒的に有利です。

セルフ前撮りはふつう、公園など場所代のかからない屋外で撮影します。外で撮影することを“ロケーション撮影”とも呼びますね。

このロケ地選びって意外と難しいんですよ。

・景色だけ見たら最高だけど、人物を含めた構図取りは難しいロケ地
・一見地味なスポットだけど、一眼レフだととても雰囲気良く撮れるロケ地

あなたには見分けがつくでしょうか?

日頃その土地で活動しているカメラマンなら、そういった知識を積み重ねて、撮影に役立てているものです。

良い写真の撮れるロケ地は、時間帯によっても変わります。

たとえば弊社の熊澤カメラマンがバリ島でビーチ撮影をする際、午前と午後では違うビーチを選んでお客様を連れていきます。
なぜかというと、時間帯によって太陽と海の位置関係が変わるから。

ビーチ写真は人物と海に正面から太陽のあたる“順光”で撮るのが基本です。
順光で撮ることで海のブルーが鮮やかに、人物の表情が明るくキレイに写ります。

もしこれを知らずに自分達だけで間違ったビーチへ行った場合、「なんかどう撮っても海が青くないし、顔が暗くてビミョーな写真」という結果になってしまいますよね。

ロケーション撮影は土地勘のあるカメラマンを案内人にするのが安心です。

メリット③ ポーズ指導してもらえる


カメラマンからは、どんな風にすればキレイに写れるかポーズや動きをアドバイスしてもらえます。

普段着でのスナップ写真に慣れていても、ドレスを着てのポージングがすごく得意という方は少ないのでは?

「自然な雰囲気のウェディングフォト」を撮りたい場合でも、ただ素のままをとっただけでは素敵な作品にはなりません。

自然な雰囲気の写真には「自然な雰囲気の演技指導」をカメラマンがさりげなく入れているものです。

細かいところだと、「サマになってみえるお姫様だっこの調整」なんてこともバリ島の現場ではしていますね。

花嫁さまが写真の中でいちばん輝くのは、自信をもって心からの笑顔をしているときです。

プロカメラマンのポーズ指導が入ることで、自信をもって写真に写ることができますよ。

注意点

プロカメラマンなら誰でもいいというわけではありませんよ。選ぶ基準をお伝えします。

カメラマン選びのポイント
・好きと思える過去写真
・キャラクター

気になるカメラマンがいたら、その人が過去に撮ったウェディングフォトを必ずチェックしてください。

あなたが好きだなと思える写真を撮る人を選べば、あなたのウェディングフォトもきっと気に入るものに仕上げてくれるはず。

また、カメラマンのキャラクターもある程度知っておきたいところです。

ウェディングフォトを撮ることは、おふたりとカメラマンの共同作業です。

特にロケーション撮影は、スタジオのように決まったセッティングがあるわけではないので、撮る人と撮られる人のノリが撮影現場作りに大きく影響します。

音楽でいえばアドリブ演奏のようなもの。演奏仲間は相性が良いに越したことはありません。

プロフィール紹介やSNSなどでカメラマン本人の人柄をチェックできるといいですね。

セルフ準備のウェディングフォト実例

実際に熊澤カメラマンがウェディングフォトを撮った、セルフ準備のお客様の様子をピックアップしました。
ぜひ見てみてくださいね。

ウェディングフォトってこんなに自由に楽しめるんだ!って参考になれば幸いです。

ドレス持ち込みでリーズナブルにいこう!バリ島格安ウェディングフォトプラン[お客様レポート 2019#03]

バリ島全部がフォトスタジオ!ウェディング撮影フリーツアー[お客様レポート 2018#03]

絶景レンボンガン島でウェディング前撮りオリジナルツアー[お客様レポート 2018#02]

下の動画は、フォトウェディング当日の撮影風景。出張カメラマンのロケーション撮影現場ってどんな感じ?という参考にもどうぞ。

まとめ

最後まで見ていただきありがとうございます。

これを読んでくださった花嫁さんの中には、コロナが挙式やハネムーンの予定に影響し、悲しい思いをされた方もいるかもしれません。

私の住んでいるバリ島はハネムーンや海外ウェディングが人気でしたが、現在は観光旅行が難しく、現地での撮影サービスを提供できない状態になってしまいました。

この記事は以前のお客様のご利用形態から、お金をかけなくてもこだわりのウェディングフォトを撮る方法についてまとめました。

日本国内でひとりでも多くの方が明るい気持ちでウェディングイベントを楽しめることを願っています。

あなたとパートナーの方がおふたりらしく素敵なウェディングフォト撮影を楽しめますように。

カメラマンを指名依頼できるおすすめサイト3つ
ラブグラフ -LOVEGRAPH-
フォトワ -fotowa-
ミツモア -MeetsMore-

こちらの記事で詳しく紹介しています>>【日本全国】カメラマンにウェディングフォトを気軽に依頼できるサイト3選

関連記事

【写真で後悔しない】結婚式・前撮りのカメラマンのチェックポイント

【日本全国】カメラマンにウェディングフォトを気軽に依頼できるサイト3選

【一万円以内】おすすめ前撮りドレス15点+格安ウェディング衣装の注意点

ブライダルインナーの代わりに何使う?ビーチ前撮りする人のためのドレス下着特集

ビーチ前撮りの新郎カジュアル衣装 簡単で安い選び方


PAGE TOP